私が考えるにはこれはただ、時間の問題なような気がします。

まず、ハロウィンが日本においてどのように流行っているかというと、渋谷ハロウィンに代表されるような繁華街でのお祭り騒ぎが目立っており、本家であるアメリカでのイベントの行われ方、地域の子供が家々を訪問して回りお菓子をもらうものとはずいぶん変わっています。ここから、イベントの本質は日本で流行るかどうかとは関係がないように思われます。また、ハロウィンがどのようにはやったか考えてみると仮装というとっつきやすい文化がそこにあったことも重要かもしれません。この点はイースターではどうか、イースターはアメリカではキリストの復活祭とされイースターにちなんだ料理やプレゼント、飾りつけをするそうです。これは日本においてもこういったものが流行る土壌はしっかりと存在しているのではないでしょうか。

つまり、結論をいうと、イースターが流行る条件は過去のハロウィンの例からも日本においては満たされているため、あとは企業の宣伝などによりメジャー化するのを待つだけではないでしょうか。

2023/01/17Posted
Loading...
Send anonymous messages to すーぱーたに
0 / 20000

Please read and agree to the Terms of Service and Privacy Policy before using.

Loading...