Profile Photo

セレナ

私は"Yes"だと思います。いろんな理由がありますが、いくつか挙げてみましょう。

①そもそも、投資とは、労働者ではなく、資本家の立場に回るということです。著書『21世紀の資本』で経済学者のトマ・ピケティが導き出したのは、資本収益率>生産成長率です。これが意味するのは、投資によって得られる収益の成長性は、労働によって得られる給料の成長率よりも大きいということです。ですから労働所得だけではなく、資本家にシフトしていって資本所得(投資による所得)も持つことが、豊かになるためには大事でしょう。

②日本でも年間2%程度のインフレを目指している中、余剰資金を預貯金にしか回していなければ、元本保証+ちょっとばかりの利子が得られるとはいえ、インフレを加味すると実質的な価値は目減りしていきます。インフレの状況下では、株や債券もおおむね同じくインフレしていきます。ほぼ確実にあなたのお金の価値が下がっていく預貯金よりも、インフレの波に取り残されないように投資をするのがよいでしょう。

③NISAの改正が決まりました。公表されている内容を見ると神改正と言えるでしょう。これにより減ることになる政府の税収入はどこかで賄わなければいけません。NISA外の金融増税が行われる可能性はかなり高いですが、他の租税対象でも賄われる可能性があります。つまり増税です(消費税があがるなど)。これまでは、投資をする(NISAを使う)のはあなたの自由くらいの感じでしたが、投資をしない(NISAを使わない)のは損だと言える時代となっていく可能性が高いでしょう。

2023/01/12Posted
Loading...
Send anonymous messages to セレナ
0 / 20000

Please read and agree to the Terms of Service and Privacy Policy before using.

Loading...