「可視光線」の波長はどの程度普遍的でしょうか?

定義から人間が見ることのできる波長の光が「可視光線」に分類されます。そのため「可視光線」は他の動物にとって不可視でありえます。

一方で原子や分子のスケールは決まっていて、化学反応に必要なエネルギーも同様だと思います。そのため、(多少の異なりはあってもオーダーとして一致するという意味で)「可視光線」の定義は人間によらず普遍的に使えるのではないかと思っています。

Send anonymous messages to 田口善弘@中央大学
0 / 20000
Loading...