弾道学の歴史でインペトゥス理論はどのように(どの程度)受容され、また反駁されたのでしょうか?

物理学の書籍ではあまりインペトゥス理論が検討されていなく、自然科学史の書籍でも言葉だけ紹介されていつの間にかガリレイ流の慣性法則が(少なくともオイラーの時代までには)受け容れられたように読めます。