基礎研究を進めている者ですが、国際的な研究を進める上で、例えば出張費、日本の大学などが取り決めている旅費の上限は今の世界的なインフレと円安の流れに対応していないと思っています。出張するのに自腹を切るという話も最近耳にしています。

出張費だけでなく研究経費全般にも言えるかもしれないですが、今後のインフレに対して研究経費が対応できないと、研究分野における日本の国際的なプレゼンスと口だけ言うだけで、実際にはどんどん機会が減るかもしれないと危惧しています。

具体的な対策方法があればご教示願いたいです。

Send anonymous messages to 竹井邦晴
0 / 20000
Loading...