日本にはごまんと中小企業がありますが、それぞれの商圏にて同じような職種の人を抱えて経営しているのは効率がわるいように思います。一方、中小企業への支援策が手厚くあるという印象で、非効率な経営が温存されている印象があります。資本主義における生産性最大化といった観点で、そこらへんの支援バランスってどのように考えられているのでしょうか?

Loading...