初心者向けのレシピ本をお薦めします。できれば書店で実際に立ち読みして、「適量」についても実際にどれくらいの量か記載しているものがあるので、それらを選びましょう。

本当の初心者向けの本には、適量ではなく10ccや小さじ半分、など具体的な記述があるものがあります。

また、適量や少々については検索すると情報が出てきますが、例えば以下のサイトによると、

塩やこしょうなどによく使用される「少々」は親指と人差し指の2本の先で軽くつまんだ量で、重さは約0.5gです。また、「ひとつまみ」は親指、人差し指、中指の3本の指の先でつまんだ量です。重さは約1g、小さじ1/5~1/6になります。
「ひとにぎり」は片手でにぎった量で、塩の場合、大さじ2ほどです。「ひとつかみ」は片手でつかめる程度の量で、出汁をとるときに使うかつお節などを測るときに使用されます。

だそうです。

https://www.kurashiru.com/articles/62b83a11-3257-4918-8541-f2193c6822a9

2023/03/18Posted
Loading...
Send anonymous messages to 越智 徹
0 / 20000

Please read and agree to the Terms of Service and Privacy Policy before using.

Loading...