Profile Photo

慶應義塾大学言語文化研究所教授。専門は言語学、特に音声学・音韻論。教養学士(International Christian University, 2002)、言語学博士(University of Massachusetts, Amherst, 2007)。University of GeorgiaおよびRutgers Universityで教鞭を執った後、慶應義塾大学に移籍。現在、教授。音声学会奨励賞(2015年、2023年)、慶應義塾大学義塾賞(2022年)。著書に『音とことばのふしぎな世界(2015年,岩波)』『「あ」は「い」より大きい!?(2017年,ひつじ書房)』『ビジュアル音声学(2018年,三省堂)』『フリースタイル言語学(2022年,大和書房)』『音声学者、娘とことばの不思議に飛び込む(2022年,朝日出版社)』『なぜ、おかしの名前はパピプペポが多いのか? 言語学者、小学生の質問に本気で答える(2023年、ディスカバー21)』『言語学的ラップの世界(2023年,東京書籍)』『絵本 うたうからだのふしぎ(2024年、講談社、共著)』『日本語の秘密(2024年、講談社現代新書)』など。国際学術雑誌編集責任者歴任。 ウェブサイト:http://user.keio.ac.jp/~kawahara/index.html 2023年11月:みなさまからたくさんの質問を頂いておりますが、下書きがたまっており、毎月の回答数制限のため、お返事に時間がかかることが予想されます。辛抱強くお待ち頂きますようお願い申しあげます。

可能だと思います。ただし、(少なくとも私の場合)共同研究を通じて、という条件付きです。共同研究であれば、自分のドストライクの分野でなくても、研究は十分可能です。ただし、共同研究をするにしても、考えるための基礎となる部分は共有してなくてはなりません。

アメリカの大学院では、始めの二年間は「あまり専門を狭めないで言語に関して広く考えなさい」といろいろなコースを履修させられました。私は結果として音に関する学問を専攻することになりましたが、文の仕組みや意味に関する研究、単語の成り立ちに関する研究などのコースを履修しました。また、修士論文(のようなもの)を二本、別々の言語学の下位分野で書かなくてはならず、それに加えてbreadth paper(修士論文ほどしっかりしていなくていいから、研究の幅を広げるための論文)も求められました。心理学や音声工学の授業も履修するように薦められましたし、実際にいくつか履修しました。意味論を専攻する友人の中には、哲学の授業を履修してた人もいましたね。

実際に学問をおこなっていると、すべての学問はつながっているように感じられます。ですから、ひとつの分野を突き詰めるためにも広い視野を持つことが大事で、すると自然と複数の分野にまたがった研究をすることになります。もちろん、他の分野には目もくれず、ひたすらに己の学問分野だけを追求する人もいらっしゃいますし、そういう方々を羨ましく思うこともあります。

2023/03/01Posted
Loading...
Send anonymous messages to 川原繁人
0 / 20000

Please read and agree to the Terms of Service and Privacy Policy before using.

Loading...