自分が将来就く仕事を人生の早い段階で決める社会と、いつでも決めることができる・変えられる社会のどっちの方が良いのでしょうか? ヨーロッパの国では早めに決定し、大学に行かず専門学校に行くことが多いと聞きます。一方日本では大学に行くも、学んだことは就職に直結するとは限らず(それもどうなんだって話ですが)、わりと遅い段階で決めることができます。 マクロ的(国のGDPなど)に良い面悪い面、ミクロ的(個人の人生の幸福度)に良い面悪い面それぞれありそうです。
Loading...