異教徒や異教はどのように認知されるのでしょうか?

単純に考えると「言語や習俗は違っていても、世界の成り立ちは同じであって皆同じものを信仰している」と推論するのが妥当なように思います。その場合、信仰対象の振る舞いの違いは民族ごとの関係性の違いによるもので、名前や性格が異なっていても同じものを信仰していると解釈できそうです。そう考えると「異教」という考えは起こりそうにありません。

Loading...