犯罪報道において、メディアが容疑者を”容疑者”としてリアルタイムに実名報道する意義と、容疑者が無実だった場合の責任はどのように考えられているのでしょうか? メディアが犯罪報道を判決前にリアルタイムに実名報道する意義として、事件が時間の経過によって風化するのを防ぐこと、実名とすることで視聴者に臨場感を持たせることが挙げられ、また、していい理由として警察という公的機関の発表であるため、というのがよく言われるかと思うのですが、納得できません。納得するために、以下のことを教えていただけると幸いです。 ①: メディアは、リアルタイムで実名報道した時点で容疑に対する罰を科していると考えます。メディアが容疑の段階で罰を科していい理由は何でしょうか? ②: リアルタイムかつ実名報道が望ましいとする根拠はあるのでしょうか?メディアが捜査中の不確かな情報を散発した結果、視聴者が感じるとされる“臨場感”とは何のことを言っているのでしょうか?刑が確定した後の整理された情報だけでは、視聴者は学びが不十分なのでしょうか? ③: “容疑者”の過去を根掘り葉掘り報じることはプライバシーを著しく侵害した行為なように思います。結果、判決が無罪だった場合に(個人的には、有罪であってもだとは思いますが)、“容疑者”に対して贖うべき責任は生じないのでしょうか?それとも、メディアの犯罪報道は全て警察や検察の発表に基づくもので、それを超えて“容疑者”のプライバシーを侵すことはないため、責任はないということなのでしょうか? 以上、回答をお待ちしております。
Send anonymous messages to 粟田知穂
0 / 20000
Loading...