Loading...

「とっておき」というわけではありませんが、できるだけ一次情報に近いところで情報を確認するように心がけています。ですから「どのように検索するか」というよりも、「自分が見ている情報は信頼できるだろうか」を意識するということになります。

たとえば「Google検索術」を知りたいと思ったら、

site:google.com search help

のように検索することで、Google検索に関する公式ヘルプを見つけることができます。たとえば、以下のページになります。

◆Google 検索 ヘルプ

https://support.google.com/websearch/#topic=3378866

もちろん、一般のブログ記事などで便利な使い方は見つかりますけれど、Google検索に関する公式ヘルプに目を通しておくことは悪いことではないと思います。

 * * *

さて、私が個人的に便利に使っているのは、上記のような「site:」でドメインを指定した検索です。主に使うのは「自分のWebサイトで自分が書いた文章を検索する」のに使っています。さらに、いつも同じドメインで検索してばかりいるので「ワンタップサーチ」という専用の検索ツールを自作しました。

「ワンタップサーチ」は、過去の検索単語をワンタップで再検索できるサービスです。発言した人を指定したTwitter検索と、ドメイン名を指定したGoogle検索ができます。検索した結果は、ユーザ自身が使っているブラウザに保存されます。

◆ワンタップサーチ

https://onetap-search.hyuki.net/

Profile Photo

結城浩

EngineerWriter

本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。文章を書くこと、学んだり教えたりすること、プログラミング、数学、人と人とのコミュニケーションなどに関心があります。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。アマゾンの著者ページは https://link.hyuki.net/amayuki にあります。なお、私は数学読み物を書いていますが、数学科出身でもありませんし、数学の研究者でもありません。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。〔ゆうき・ひろし〕