数学では例えば可積分性や微分積分学の基本定理と呼ばれる(同値でない)定義や定理がたくさんありますが、記号を借用して別の定義を発明しただけのように見えてしまいます。これらの定式化は何の動機があって行われたのでしょうか(あるいは動機なく一般化されたのでしょうか)?

Loading...