国際共通語として英語が存在するにもかかわらず、エスペラント語が生まれたのはなぜですか? 国際補助語として生まれたエスペラント語をいつか学んでみたいと考えているのですが、現実には英語が国際共通語として広く用いられおり、実用性では遥かに勝ると思います。このような状況下で、なぜエスペラント語が生み出されたのでしょうか。また、現在この言語を学ぶ動機としては、私のように趣味的なものがほとんどなのでしょうか?