AIがコモディティ化・各社内製化していくにつれて、PFNみたいなAIアウトソーシング系企業の価値が低減していくような印象はあるのですが、今後も彼らは価値を発揮し続けられるものでしょうか?外注、多重下請け構造が強かった日本だからこそ発展してきた事業体であって、今後そういったところからの脱却を考えると、あまり未来はないのかななんて思ったりします。識者の意見を伺いたいです

Send anonymous messages to yosuke_furukawa
0 / 20000
Loading...