中高の英語教員です。音声学・音韻論で、「聞き間違え」に焦点をあてている学問分野はありますでしょうか?学校でリスニング指導をしていると、生徒たちは様々「聞き間違い」をします。例えば先日授業でディクテーションをしてみると、plansをplantsと、eventsをadvanceと書いたりします。尋ねてみると「文脈上おかしいのは分かってはいるがこうとしか聞こえない」というのです。個人的には聴覚現象として非常に面白いと思っているのですが、いかんせん深く分析することができずモヤモヤしています。このような現象を音声学・音韻論の研究者はどのような分析をするのでしょうか?

Send anonymous messages to 川原繁人
0 / 20000
Loading...