2022年のM1グランプリではウエストランドがビートたけしを彷彿とさせるような毒舌漫才で四方八方を傷つけながら優勝しました。

そのとき審査員の方々から「今の時代は人を傷つけない笑いが良しとされているが(中略)本来お笑いには毒がある」とか「窮屈な時代だが毒舌漫才もまだまだ受け入れられる」といったコメントが出て、Twitterなどでも賛同の声が広がっていました。

この一連から、日本にもポリティカル・コレクトネス(以下ポリコレ)が重視される時代への閉塞感やいら立ちが共有されていると感じたのですが、その一方で、他国と比べるとそのような反ポリコレの動きはまだまだ表面化していないように感じます。

例えば反ポリコレ、反エリートを掲げるトランプが大統領をやっていたアメリカを筆頭に、フランスではルペンが、スウェーデンやイタリアでも保守的な政治勢力が台頭しています。

先日のM1を見ても、日本でもこうした政治家や政党が支持を集める土壌が整っている気がするのですが、なぜそうした政治勢力が出てこないのでしょうか?

Loading...