私は以前から「純文学」が苦手です。その理由としては、現実逃避のつもりで読書しているのに生々しい現実を見せられるからです。 しかし、「純文学」でしか表せないものもあるし、そこでしか得られない読書体験があると思い、最近になって読んでみようと思っています。 芥川賞の受賞如何を問わずに、印象に残っている「純文学」の作品を教えてください