恥知らずでない人がいるのは何故なのでしょうか。 例えば攻撃者はいつでも過去の失敗を挙げて相手を萎縮させようとします。その人が失敗を反省しようがしまいが、失敗したという事実が残る限り攻撃者は再生産され続け攻撃は終わることがありません。 その人が攻撃に対して萎縮するような「恥知らずでない」人物なら、社会的な成功を得ることや時には生存することは難しくなるでしょう。 反対に「恥知らず」な人物は攻撃に対して耐性があり、彼らを単に無視できるでしょう。それは成功を得ることや生存することを容易にするはずです。 しかし実際には「恥知らず」な人達はそうでない人に比べれば少数派なように思います。何故なのでしょうか?
Loading...