人事を尽くして天命を待つって言葉があるけど僕はこれは理想の姿じゃないかと思うんです。人事を尽くすは、いろいろ問題解決をしょうとする哲学であって、夜寝る時にやるだけのことはやったから後は天に委ねろうとする宗教でそうしてぐっすり睡眠がとれるから翌日もまた頑張れる。だから世に名を残した哲学者は、実は素晴らしい哲学を発揮した背景には、宗教的思考も十分やってたんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか?

Send anonymous messages to 小川仁志
0 / 20000
Loading...