Loading...

文章を書く人によって意見はさまざまだと思うので、以下はあくまで私の場合の話です。

私は文章を書くときには《読者のことを考える》というのが大事だと思っています。ですから、読者がどのような媒体、どのような環境で文章を読むかには強い関心があります。ご質問の中で「アウトプットするフォーマット」という表現がありました。私が気にするのは読者が読むフォーマットであるといえます。

別の言い方をしますと、原稿用紙で書こうがパソコンで書こうが、文章は変わりません(変えません)が、最終的に読者が読むフォーマットのときに与える印象を意識して書きます。

たとえば読者がWeb上で読むのがメインの文章なら、そのことを意識して書くと思います。文章に強調を多く入れたり、改段落を多くしたりします。Web上で読む場合、読者は流し気味に読む場合もあるので、情報の繰り返しをやや多めに冗長気味に書くこともあるでしょう。

またたとえば読者が本として読む文章なら、Webで読む場合に比べて落ち着いたトーンにします。冗長さも抑えますし、むやみに強調しないように注意します。

文章のリズムに関しては、Webでも本でも変わらないかもしれないですね。

Profile Photo

結城浩

EngineerWriter

本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。文章を書くこと、学んだり教えたりすること、プログラミング、数学、人と人とのコミュニケーションなどに関心があります。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。アマゾンの著者ページは https://link.hyuki.net/amayuki にあります。なお、私は数学読み物を書いていますが、数学科出身でもありませんし、数学の研究者でもありません。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。〔ゆうき・ひろし〕