退職して落ち込んでいたときに、図書館で適当に取った本が小川先生の本で、そこから哲学の面白さを知ることができました。小川先生の本は哲学の知識が全くない私にも読みやすくて、たくさん読ませていただいております、ありがとうございます!

 その中でサルトルの「実存は本質に先立つ」という言葉に勇気づけられました。退職して絶望していた私に、これから自分の未来は自分でいくらでも切り開くことができることを教えてくれました。なので今は、どんなことがあっても自分の人生をしっかり考えて、責任を持って行動し、未来を切り開いていける人間を増やせるように教師を目指しています。

 小川先生は大学で教授をされていますが、教育者として小川先生が大事にしている哲学を教えていただきたいです。また、サルトルについて小川先生がおすすめの読みやすい本を教えていただきたいです。(嘔吐は読みました)これからも出版される哲学の本を楽しみにしております、よろしくお願いします!

Send anonymous messages to 小川仁志
0 / 20000
Loading...