カラマーゾフの兄弟とか戦争と平和みたいなロシア文学の大作を読んでみようみようと思っても、分厚さと存在感に気後れして、なかなか踏ん切りが付きません。背中を押してもらえるような一言をいただければと思っています。