何年も前に Node.js が流行り始めたとき、クライアント1万台問題(C10K問題)に対応できるという点がかなりもてはやされていたことをふと思い出しました。しかし、ここ数年は Node.js の特長としてはもちろん、C10K問題という言葉自体あまり聞かなくなったような気がするのですが、これはなぜなのでしょうか。
実はC10K問題というのは大した問題ではなかったのか、他のランタイムも進化してC10K問題に対応できるようになり Node.js の優位性がなくなったということなのでしょうか?

Loading...