Profile Photo

慶應義塾大学言語文化研究所教授。専門は言語学、特に音声学・音韻論。教養学士(International Christian University, 2002)、言語学博士(University of Massachusetts, Amherst, 2007)。University of GeorgiaおよびRutgers Universityで教鞭を執った後、慶應義塾大学に移籍。現在、教授。音声学会奨励賞(2015年、2023年)、慶應義塾大学義塾賞(2022年)。著書に『音とことばのふしぎな世界(2015年,岩波)』『「あ」は「い」より大きい!?(2017年,ひつじ書房)』『ビジュアル音声学(2018年,三省堂)』『フリースタイル言語学(2022年,大和書房)』『音声学者、娘とことばの不思議に飛び込む(2022年,朝日出版社)』『なぜ、おかしの名前はパピプペポが多いのか? 言語学者、小学生の質問に本気で答える(2023年、ディスカバー21)』『言語学的ラップの世界(2023年,東京書籍)』『絵本 うたうからだのふしぎ(2024年、講談社、共著)』『日本語の秘密(2024年、講談社現代新書)』など。国際学術雑誌編集責任者歴任。 ウェブサイト:http://user.keio.ac.jp/~kawahara/index.html 2023年11月:みなさまからたくさんの質問を頂いておりますが、下書きがたまっており、毎月の回答数制限のため、お返事に時間がかかることが予想されます。辛抱強くお待ち頂きますようお願い申しあげます。

私もこの問題に対してよく考えます。私自身はキリスト教徒ではありませんが、研究を続ければ続けるほど、自然の法則の美しさを目の当たりにして「この美しい法則は根源的にはどこから来たのだろう?」と感嘆することがあります。科学はどこまでいっても本当に根源的な質問には答えられないのではないか。そこに何か大きな力を感じることは不自然ではないと思います。

科学史の村上陽一郎先生の著作で詳しく議論されていますが、近代科学はもともと自然を(聖書とは別の)「神によって書かれた書物」とみなし、自然を分析することで神のメッセージを読み取る営みでした。そういう意味でも宗教と科学はお互い矛盾するものではないと感じています。

また科学の探究には限界があります。「なぜ人は生きるのか?」「なぜ人は苦しむのか?」「世界はどのように作られたのか?」。多くの人々がこれらの疑問に向き合った集大成がキリスト教や仏教なのだと感じることもあります。その意味でも科学と宗教は必ずしも矛盾するものではないと思っています。

2023/01/10Posted
Loading...
Send anonymous messages to 川原繁人
0 / 20000

Please read and agree to the Terms of Service and Privacy Policy before using.

Loading...