科学と宗教は、対立構造として語れるものでしょうか?それとも、同質のものとして捉えるのが適切でしょうか? 歴史を見ても偉大な科学者が同時に敬虔なキリスト教徒であった例も多く見られますが、一般的な認識においては二項対立で語られるケースが多いように感じています 現役の科学者の先生方及びご専門の方がいらっしゃいましたら、見解をお伺いしたいです
Send anonymous messages to 川原繁人
0 / 20000
Loading...